中国輸入

Amazon中国セラーの台頭で売れない?その対策を考察します

 

どうも、INOUEです。

今回の記事では、「Amazon物販のチャンス」について解説していきます。

 

物販をやっている方だったら、Aamazonに一度は出品したことがあるのではないでしょうか?

 

審査はありますが、ヤフーショッピングより厳しくないですし、何よりAmazonブランドを看板に背負えるのはプレイヤーからしたらかなり、大きいですね

 

この記事では、

  • Amazon中国セラーの見分け方
  • 中国セラーにどう立ち向かったら良いのか?
  • 中国セラーが出品している商品を中国で見つける方法
  • Amazonが中国セラーを歓迎している話

 

について、解説します。

悪質な手口、さくらレビューなどに騙されて、損した!という方もいるのではないでしょうか?

 

Amazonでよく買い物をする方にも、参考にしてもらいたい記事ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

Amazon中国セラーの見分け方

Amazon中国セラーの見分け方

 

かばんを含めた多くのカテゴリーでは、中国人セラーの商品が上位を占めています。

ですが、ぱっと見ではどの商品を中国セラーが、販売しているのかはわかりません。

 

そこで見分け方を紹介していきます。

 

まず検索窓に「かばん」と入れてみましょう。

見分け方

すると様々なかばんカテゴリーに登録された商品が出てきます。

 

見分け方

中国人セラーの商品はSEOも高い傾向があり、その分売れています。

見分け方

丸で囲った商品を見てみましょう。

日本では見慣れない英語の店舗名、ブランド名の商品はチェックしてみると見つかりやすいです。

 

 

見分け方 見分け方

と、このように、パソコン版からだと簡単に中国セラーかどうかを見分けることができます。

 

また、レビューの怪しい日本語の怪しい日本人名のレビューは、さくらと思っていただいても差し支えないです。

 

  1. 中国セラー商品を見つける
  2. 売れ筋ランキングを確認する
  3. 上位だった場合、本当に人気や需要があって売れているのかを検討する
  4. レビューも確認し、さくらレビューかどうかも併せて確認しておく

 

売れ筋ランキング

 

<div class=”concept-box5″><p>

大カテゴリーで1000番台なので、売れている方です。

小カテゴリーも9位とTOP10に入っています。

ここで中国セラーという視点を入れると、自社買いが行われている可能性もありますので注意が必要です。

</p></div>

 

実際に購入する人や、中国輸入ビジネスをしている方であれば上記の通りに確認すると失敗はないでしょう。

 

ですが、中国輸入ビジネスをしている場合は、4番目以降にも行うことがあります。

こちらについては、後ほど解説していきますね。

 

 

中国セラーにどう立ち向かったら良いのか?

中国セラーへの対抗策

 

なぜ中国セラーに立ち向かう必要があるのか?という点ですが、安くて大量のさくらレビューとくると、日本の物販プレーヤーは苦戦を強いられるわけです。

 

当ブログが考える対抗策は以下の通りです。

  1. Amazonの小カテゴリー10位以内の商品を片っ端からリサーチする
  2. その中で、実力で売れている商品をピックアップする
  3. その商品を改善することで、更に需要を掘り起こすことが出来ないか検討する
  4. 中国国内で、同じような商品がないか、リサーチする
  5. もしあれば、代行業者に依頼し、仕入原価の見積もりを取る
  6. ベンチマーク商品の価格と比較し、改善点を考慮した価格で戦えるか検討する
  7. 販売後は、嫌がらせレビューの削除申請をAmazonに行えるよう目を光らせる

 

これはODM前提のお話になります。

 

ODMの詳細については、こちらのブログを参照していただきたいのですが

 

ODMとは、商品の仕様などに変更を施し、生産販売することです。

 

中国輸入ビジネスはODMを前提にして、取り組んだほうが稼げます。

もちろん、様々な工夫を施せばODMしなくても戦うことは可能です。

 

 

ですが、初心者の方については、以下の戦略が無難になります。

 

  1. Amazonの小カテゴリー10位以内の商品を片っ端からリサーチする
  2. その中で実力で売れている商品をピックアップする
  3. 中国国内で同じ商品がないか、リサーチする
  4. 同じ商品があれば、OEM(タグ付け)できないか代行業者と打ち合わせする
  5. OEMした商品を自社ブランドにしてしまう
  6. 販売後、嫌がらせレビューを削除できるよう目を光らせる

 

初心者の方は、OEMが無難です。

同じ仕様の商品を見つけ、中国セラー商品にぶつけてみるのも良いかもしれません。

 

 

中国セラーが販売する商品を中国で見つける方法

中国セラーの商品を中国で見つける方法

 

前の章では、具体的な対抗策について、解説しました。

ここでは、中国セラーが販売する商品を中国国内で見つける方法についてです。

 

  1. Amazon小カテゴリー10位以内の商品を見つける
  2. その商品の商品名を中国語に翻訳する
  3. タオバオアリババにて、検索窓に翻訳したキーワードを入れる
  4. サイト自体は日本語訳して、リサーチする

 

ここでのポイントは以下の通りです。

 

  • 中国セラーの商品はタオバオなどにある画像と、同じものを使っている事が多いため、同じような商品を見つける
  • タオバオアリババと双方確認しておく
  • Google翻訳を使うときは、別の言い回しを考えておく(ショルダーバックは肩掛けなど)

 

で、実際に見つけてみました。

中国セラーの商品の見つけ方

Amazonに販売されていた商品はこちら。

 

中国セラー商品

 

大体はこのような形で見つかるので、ここから仕入原価の計算を行っていくことになります。

 

アリババで検索し4ページ目にあったので、比較的早い段階で見つかりました。

 

見つからない商品は、何十ページと調べることになるので骨が折れます。

それでも根気よく続けてください。

 

その商品に需要があると総合的に判断した場合は、特に諦めてはいけません。

商品リサーチとは根気がいる作業なのです。

 

<div class=”concept-box5″><p>リサーチがなれてきたら、外注さんにお願いするのがおすすめです。</p></div>

 

 

Amazonが中国セラーを歓迎している話

Amazonが中国セラーを歓迎

 

証拠画像を貼っておきます。

証拠画像

 

Amazonジャパンはすでに中国セラーと、手を組んでいるような状態なのです。

詳細を見たい方は、画像をクリックすると、ツイートをご覧いただけますので、是非確認してみてください。

 

Amazon自体も利益は増えており、その資金をギリギリ黒字にするぐらいまで、再投資を行っています。

 

販売者が増えれば、Amazonも儲かるのは必然で、中国セラーへの対抗策はただただ商品の良さだけでは、対抗するのは難しくなっているのが現状です。

 

状況は以前と比べて大変にはなっていますが、Amazonブランドとネットショップの場合だとどうしてもAmazonのほうが売れやすいのは事実なので

 

対策をしながら運営をしていくしかないでしょう。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしたか?

まとめ
  • どの商品が中国セラーが販売しているものなのかを見極める
  • 中国輸入プレーヤーは、その商品を改善し販売する創造性をつけていく
  • もはや、OEM、ODMが必須な状態になっているAmazon
  • 対策しながらAmazonで販売を続けていくのが得策

 

中国セラーは嫌かもしれませんが、日本と比べて原価が安いので、利用価値はまだある状態です。

 

今からやろうとしている方にとっては、荷が重い現実かもしれません。

ですが、人間の創造性は無限大。

それを中国輸入ビジネスにも活かしていくことが求められているのです。

 

もし、本気で中国輸入で成り上がりたいという方は、中国セラーに立ち向かうつもりで取り組んでみてください。

 

では、また別の記事でお会いしましょう。