中国輸入

【物販ビジネス必須】Amazon出品に必要なJANコードとは?

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!

 

どうも、INOUEです。

JANコードと言う言葉を聞いたことはありませんか?

 

これは中国輸入ビジネスでOEMをしている商品を、Amazonで出品する際には必須のものとなっています。

 

  • ややしこそうだな
  • 面倒くさそう

 

と思われる方も多いのですが、OEMをやる上では取得してからでないと出品してはいけません。

ですので、この記事も含めて勉強して、どのように取得するかを学んでいただけたら嬉しいです。

 

  • JANコードとはなにか?
  • どうやって取得すればよいのか?

について解説をしていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

JANコードとはなにか?

まず、JANコードとは何のことを指すのでしょうか?

それは以下の通りです。

 

JANジャンコード( GTINジーティン )とは

JANコードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、世界共通の商品識別番号です。 
JANコードは、商品のブランドを持つ事業者が、当センターから貸与されたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。
通常、バーコードスキャナで読み取れるように、JANシンボルというバーコードシンボルによって商品パッケージに表示されます。

JANコードとJANシンボルは世界共通の仕組みであり、多くの国で使用されています。
JANコードは日本国内での呼び方です(JANとはJapaneseジャパニーズ Articleアーティクル Numberナンバーの略)。
国際的にはEANイアンEuropeanヨーロピアン Articleアーティクル Numberナンバー)コード、あるいは、GTINジーティン-13、GTIN-8と呼ばれます。

出典元:一般財団法人 流通システム開発センター

 

一言で「どの事業者の、どの商品か」を表すコードのことをJANコードと言います。

 

Amazonで新規出品、OEM商品の出品を行う場合には必須のコードで、このコードによって識別ができるようにするために取得が必要になります。

 

初心者の方は、上記のように覚えていただくだけで問題ありません。

これを覚えて、売上が上がるわけではないので「そういうもんなんだ」という程度で大丈夫です。

 

皆さんも一度は見たことがある「バーコード」これはこのJANコードだったのです。

 

  1. GS1の事業者コードを取得
  2. JANコードを取得

すると、あなたの事業者コードを軸に、JANコードを商品ごとに設定することが可能になります。

 

 

 

製品コード免除申請

これは2018年の10月から製品コードの免除申請の方法が変更となっています。

これはどういうことかと言いますと、複数商品のコードの免除申請が可能になったということです。

 

  • セラーセントラルで直接申請が可能
  • 申請時の画像が2枚以上が必要
  • 組み合わせ商品は、ノーブランドとして扱われる
  • カテゴリーごとに申請が受理されると、2度目以降の製品コード申請は不要

 

 

国内の商品をAmazonで転売などをされる方のみ、申請が可能です。

下記を行うことによって、JANコードをがない状態でも販売ができるようになります。

 

 

セラーセントラル画面から、「ヘルプ」「製品コード免除の許可」と続いていくと

ステータスにチェックマークがついたら、「申請を続ける」

ブランドが発行した証明書がない場合は「いいえ」でも可。

商品画像を2枚以上アップロードして、「申請を送信」をクリックしてください。

 

 

GS1事業者コードの取得方法はどうすればよい?

  1. GS1の事業者コードを取得
  2. JANコードを取得

し、登録申請料を支払うことで、完了します。

 

下記リンクから登録ページへ移動することができます。

一般財団法人 流通システム開発センター

 

初めての方は右上の「新規登録はこちら」をクリックして進めていきます。

 

申請方法は2種類

 

申請方法は「インターネットによる申請方法」と「登録申請書による申請方法」があります。

ここでは便利なインターネットによる申請方法を解説していきます。

 

ステップ1として、「メールアドレスの登録」からスタートです。

実際の画面で、「メールアドレスの登録」ボタンをクリックしてみましょう。

 

ここは物販用のメールアドレスなどを2回入力し、表示されている文字を入力します。

その後一番下の「メールアドレスを登録する」をクリックしてください。

 

 

ここから登録作業に移ります。

  1. すると、登録したメールアドレスに、流通システム開発センターから、メールが届きます。
  2. そのメールにあるURLをくりっクすると、重要事項および規約の確認を行う画面に飛びます。
  3. すべて確認したら、「次に進む」ボタンをクリック
  4. 事業者情報の入力
  5. コード管理者情報の入力
  6. 登録申請料の入力 *後述します
  7. GS1事業者コードの利用先の入力
  8. 入力した内容を確認する画面、OKなら「確定し次へ進む」をクリック
  9. 支払い方法選択
  10. 料金を支払い、申請内容に不備がなければGS1事業者コードが取得できます

 

 

登録申請料はいくらぐらい?

出典元:一般財団法人 流通システム開発センター

2019年10月1日より、消費税10%込みの価格へ変更となりました。

 

ここで気になるのが、どこに該当するのか?ということですが、中国輸入ビジネスをされる方は

  • 区分2
  • ランクF 10億円未満

がほとんどかと思います。

 

もし年商が10億円以上の方は、金額に合わせて申請料を支払う必要があります。

これらの価格は3年間有効となるので、販売が続いている場合は都度更新をするか検討してみてください。

 

 

 

JANコードの発行方法

上記の章までやっていただくと、あなたのGS1事業者コードが取得できるはずです。

都度、案内方法が変わったりするので臨機応変に対応していただけると嬉しいです。

 

JANコードは以下の3つから構成されていることはお伝えしていましたが、おさらいです。

 

  1. GS1事業者コード(9桁)
  2. 商品アイテムコード(3桁)
  3. チェックデジット(1桁)

 

1は良いとして、あなたは2を入力していくことで、チェックデジットが計算式で算出され、JANコードが完成します。

 

商品アイテムコードは000、001と連番で正確に管理して頂く必要があるので、エクセルやスプレッドシートなどを使い、記録しておくと良いでしょう。

 

 

基本的に13桁の部分しか使わないので、

 

「入力欄」に「GS1事業者コード」と「商品アイテムコード」を続けて入力します。

そして、「計算」をクリックすると自動で数字が出てくるので、そちらをつけて、13桁の数字として管理してください。

 

 

JANコードは1000個まで

商品アイテムコードが000から999までとなっています。

1事業者で1000アイテムを出品するのは現実的ではないですし、OEM商品だったら、そこまで必要ないのでご安心ください。

 

もし1000以上となる場合は、一般財団法人 流通システム開発センター

へ連絡することで上限を開放してくれます。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしょうか?

記事のまとめ
  • JANコードとは、事業と商品を区別するためのもの
  • GS1事業者コードを取得することで、JANコードを発行できる
  • Amazonで新規登録、OEM商品を出品する際は必須になるので、事前に準備しておく
  • 国内商品を取り扱う場合は、製品コード免除申請を出しておこう
  • GS1事業者コードはは年商や区分に合わせて、登録申請料が変わる
  • GS1事業者コードは3年間有効

 

少し難しく感じた方もいるかも知れませんが、一度GS1コードを取得しておくと、後はチェックデジットを計算して、記録するだけでAmazonに出品することができるのでご安心ください。

 

OEMには必須のJANコードを理解し、スムーズに売上を積み上げていってください。

では、また別の記事でお会いしましょう!

 

 

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!