中国輸入

【中国輸入】自社ブランドがあるならブログを活用したほうが良い理由

 

どうも、INOUEです。

もし中国輸入OEMをされているのでしたら、ブログは活用すべきです。

 

今日は、自社ブランドがあるなら、ブログを活用したほうが良い理由について、解説をしていきます。

 

この記事は、

  • OEM商品をさらに売りたいと思っている
  • OEMをしたものの、あまり売上が良くない方
  • あまり広告費を掛けずに集客したいと考えている方

 

向けに書いていきますので、ぜひご覧になってください。

 

売上を伸ばすためには、集客が必要です。

ですが、各プラットフォームや自社ネットショップでの集客力は、

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • 広告

 

に委ねられていると言っても過言ではないでしょう。

ですが、それにも限界があります。

 

それ解決するのが「ブログ」です。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

広告費をかけたくないのなら、ブログは活用したほうが良い理由

中国輸入OEM商品の仕入れで、資金がかつかつという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

その場合、キャッシュフローが回り始めるまで、ブログの活用をおすすめします。

その理由は以下の通りです。

 

  1. 基本的に無料で運用することができる
  2. 商品の特徴を、商品ページ以上に語ることができる
  3. 外部からの流入に期待できる

 

以前、こちらの記事でも解説しましたが、

あなたがやっているビジネスの「ハブ」になるのが、ブログです。

 

ブログは無料で利用することができる

アメーバブログや、はてなブログなどは、基本的に無料プランがあるので、固定費を増やしたくない方にとっては、利用しない手はありません。

しかも、ブログの設定は直感的に行えるようになっているので、パソコンが苦手だったとしても大丈夫です。

 

商品ありきの物販ビジネスにおいて、無料で使える集客ツールがあるのはありがたいですね。

 

 

商品の特徴を、商品ページ以上に語ることができる

特にAmazonなどでは、商品ページに記載できる情報に限りがあります。

とは言っても、そこで訴求しきれないわけではないですが、別の側面からOEM商品の特徴や利点を図解付きで、伝えることができます。

 

よく楽天市場などで、「製作秘話」が語られているページを見かけます。

それをブログでも行うことで、商品のブランディングにも役立つことでしょう。

 

 

外部からの流入に期待できる

「外部からの流入」とは、

ブログからAmazonや楽天市場へという意味になります。

 

特にAmazonは、外部からの流入に力を入れているため、SEO効果は高いでしょう。

OEM商品に挑戦する以上、Amazon市場は無視できないので、ブログからの流入によって売上げアップの可能性は高いです。

 

 

ブログをやっていても広告は必要になる理由

ブログをやっているからと言って、広告も無視することは出来ません。

  • Amazonスポンサープロダクト
  • Facebook広告

は最低限掛けておくことをおすすめします。

 

詳しくは、INOUEの公式LINE@で公開する予定があるので、是非登録してみてください。

 

スポンサープロダクトよりもFacebook広告に力をいれることで、「外部からの流入」によってSEOが上がることが期待できます。

 

 

すでにOEM商品を取り扱っているなら、ご存じの方も多いでしょうが、念の為、解説します。

Amazonスポンサープロダクトには、

  • オートターゲティング
  • マニュアルターゲティング

の2種類があります。

この違いはキーワードの設定です。

 

オートターゲティングとは
Amazon側でキーワードを自動選択してくれます。購入者が入力した検索キーワードに対し、あらかじめ設定された商品の中から関連のある商品をAmazonが自動選択し、広告を掲載する仕組みです。

マニュアルターゲティングとは
キーワードを自分で設定していきます。キーワードを個別に設定することができ購入者が入力した検索キーワードと、設定したキーワードをマッチングし、広告が掲載されます。

スポンサープロダクトを設定する際、オートターゲティングかマニュアルターゲティングを選択します。

また同じ商品をオートターゲティングとマニュアルターゲティング両方とも広告をかけることも可能です。

出典元:物販総合研究所

 

 

 

ブログを使って中国輸入OEM商品の売上を上げるための方法

では中国輸入ビジネスにおけるブログの活用方法について、解説をしていきます。

 

  1. 無料ブログのアカウントを立ち上げる
  2. ブログ内の体裁を整える
  3. ブログ内にAmazonなどのショップページの画像を設置しておく
  4. 商品や運営情報、活動内容を記事としてアップしていく

 

シンプルにこれだけです。

一つ一つ、掘り下げていきます。

 

無料ブログは何がおすすめ?

ブログを作る際は、SEOに強いとされている「アメーバブログ」がおすすめなので、登録してみてください。

 

最初にアクセス数は合ってないようなものですが、記事をアップし続けていくと、徐々に読みに来てくれるようになります。

 

記事を更新し続けるのは、大変ですが無料できる分、時間と体力を使うしかありません。

 

 

ブログの設定のコツは、自社ページに誘導しているか

ブログの設定のコツは、自社ページヘの誘導バナーを設定することです。

当ブログでもそうですが、LINE@へ登録して多くの方に有益な情報を提供していきたいので、バナーを設置させていただいております。

 

100人見に来てくれて、100人とも登録することはありえませんが、その中の一人でもしてくれたら嬉しいですよね。

 

しつこくない程度にさりげなく設置してみましょう。

画像はかんたんなものでも良いです。「この人はこういうのをやっているんだ」というがわかれば問題ないので安心してください。

 

 

集客記事を書くコツ

あなたはこれから、ブログを使って無料の集客ツールにしようとしています。

ここで大切なポイントは以下の通りです。

 

  • この商品を使ったら、どうなるのか?
  • どんな良い点があるのか?
  • どういうシーンで使うのはおすすめしないのか

 

この3点は必ず抑えておくことをおすすめします。

その理由は、その記事を読んで使っているシーンを想像して、買ってもらうところまで誘導するためです。

 

Amazon内には多くの商品が混在しています。

お客様からしたら、

  • 自分に合う商品はあるか
  • どんな特徴があって、どう便利なのか
  • この目的に使う商品はどこか

と探しています。

 

それをいかに伝えて納得してもらい、購入まで持っていくのかが販売者側がしのぎの削っている部分なのです。

 

また、あなたの人となりが分かる記事もアップするとよいでしょう。

インターネットで買い物することが当たり前になって、どういう人が扱っているかはそこまで注目されなくなりつつあるためです。

 

では、商品の特徴と価格が良ければ、お客様が買ってくれるのに、どうしてそこまでする必要があるのでしょうか?

 

それは、

  • 商品良し
  • 価格良し
  • 人柄良し

になるからです。

最後の人柄が購入の決め手になってもおかしくはありません。

 

どんなにインターネットが発達しても、それを生み出しているのは「人」なのです。

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしたか?

記事のまとめ
  • 広告費を最低限に抑えるためには、ブログを活用することで解決する
  • 広告費はAmazonスポンサープロダクト広告と、Facebook広告を運用する
  • ブログは商品を使ったらどうなるのか?など相手目線に立って書く
  • 販売者の人柄が購入の決め手になるお客様もいることを知る

 

いつまでもブログを続けようと言ってるわけではありません。

ですが、OEM商品を取り扱うようになったら、広告以外にももう一つ集客ツールを持っておくことは損ではないはずです。

 

是非参考にしてみてください。

では、また別の記事でお会いしましょう!