中国輸入

【中国輸入】ネットショップ構築におすすめなサービスと商品とは?

 

どうも、INOUEです。

あなたはAmazonやヤフーショッピングなどに縛られず物販をやりたい!と思っていませんか?

 

Amazonなどのプラットフォームビジネスは、売りやすいというメリットがありますが、その反面アカウント停止やSEOに悩まされます。

 

この記事では、中国輸入ビジネスを取り組む人がいずれか挑戦していただきたい「ネットショップ」について、解説しています。

 

  • Amazonなどで順調だけど、いずれか自社ネットショップも取り組みたい
  • ネットショップのメリット、デメリットが知りたい
  • ネットショップを構築するおすすめなサービスを知りたい
  • ネットショップに出品するなら、どのような商品が良いか知りたい
  • ネットショップのやり方が知りたい

 

と言った方向けに紹介しています。

 

物販ビジネスは、プラットフォームに依存することなく、自社ネットショップのほうが手堅く運営していくことが出来ます。

 

そういった理由についても、触れていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

プラットフォームで物販をするメリット・デメリット

Amazon中国セラーの見分け方

 

まず、プラットフォームとは、このようなことを意味します。

Amazonやヤフーショッピング、ヤフオク、メルカリ、楽天市場などの商品を販売するためのページのこと。

大手企業が商品の取引をするために、用意した専用サイト。

 

 

かなり噛み砕いていますが、プラットフォームについてはご理解いただけたかと思います。

 

このAmazonなどを利用するメリット・デメリットは以下の通りになります。

 

  • 物販初心者でも、商品ページを作り込むことで販売しやすい環境にある
  • Amazonで出店しているだけでも、社会的に認められやすい環境にある
  • 物販初心者でも、出店することで簡単に信用を得られる
  • 価格が相場より安ければ、販売数を増加させることが可能

 

  • 毎月の固定費が発生してしまう
  • 審査がある
  • ライバルが多くSEOや商品需要がないと売れない
  • 価格競争に巻き込まれやすくなる
  • 在庫を維持しておく必要がある
  • ある日突然SEOがガクッと下がることがある

 

審査があり、無事合格すれば出店できユーザーからの信用を得られやすいのがプラットフォームの特徴です。

ある程度の信用があれば、あとは商品需要、商品ページ次第で購入してもらいやすくなります。

 

ですが、その分SEO維持するための在庫調整や入金サイクル、ライバルの動向などを常にチェックしておくことが必要です。

 

特に初心者プレーヤーは、Amazonなどのプラットフォームからスタートされるのをおすすめします。

 

 

自社ネットショップの立ち上げるメリット・デメリット

ネットショップのメリット、デメリット

 

では、自社ネットショップのメリットとデメリットは何があるのでしょうか?

 

  • プラットフォームにある規約に縛られることなく、運営が可能
  • 入金サイクルは自社で決めることができる
  • 販売手数料を取られることがないため、利益計算がしやすい
  • お客様へ直接気持ちを伝えやすい
  • 長期的に運営することがで、ドメインを長く保持すれば自然とSEOも上がる
  • 購入してくれた顧客がファンとなりやすい環境を作れる

 

  • SEO対策、集客に工夫をこらさないと全く売れない
  • 自社発送になる
  • 検索エンジン次第で、圏外に飛ばされる恐れがある
  • 商品に需要がないと見向きもされない
  • プラットフォームと比べてやることが多いので構築に苦慮する
  • ある程度サイト作りに知識がない難しい

これがネットショップのメリットとデメリットです。

氷山の一角かもしれませんが、プラットフォームとネットショップは例えると、携帯電話事業者で言う「キャリアと格安SIM」という立ち位置と考えていただいても良いでしょう。

 

キャリア、ドコモやソフトバンクといった大手事業者は、物販で言う「プラットフォーム」。

高いのがデメリットですが、質の高いサービスを提供してくれる存在です。

 

格安SIMは、「自社ネットショップ」。

価格は安いですが、ある程度自分で調べたり作業をしないといけないのがデメリットです。

 

 

ネットショップでは、長期的に運営する商品があるプレーヤーの方は参入することを検討してみて下さい。

ただし、Amazonで売れている=自社ネットショップでも売れるとは限りません。

 

全く売れないことだってあり得るので、注意してください。

 

 

 

ネットショップを構築するためのおすすめなサービス

ネットショップのおすすめサービス

 

ネットショップを構築するためには、どういうサービスを利用するのが良いのでしょうか?

それは、ネットショップ専門サイトを簡単に作ることができる

 

カラーミーショップです!

GMOペパボが運営するサービスです。

 

  • ドメインが強いのでSEO対策にもなる
  • ショップ運営に必要なアイテムが予め揃っている
  • イチからHTMLなどで構築する必要がない
  • プランによって固定がかかってきますが、有料プランをおすすめします
  • 画像によってプロが作るネットショップを作ることができる 

ネットショップを運営するための「箱」はカラーミーショップで十分です。

画像などはランサーズなどや、お知り合いのデザイナーさんなどに依頼することをおすすめします。

 

カラーミーショップとプロの画像があれば、鬼に金棒だからです。

 

 

ネットショップに出品するならどのような商品が良いの?

おすすめの商品

 

ネットショップ運営では、「カラーミーショップ」「プロの画像」によって大枠は整いました。

 

ですが、肝心の商品はどのようなものが良いのでしょうか?

状況によっても異なりますが、以下の通りとなります。

 

  • ODMした商品がプラットフォームで爆発的に売れているなら、その商品を販売
  • 上記のように誇ることができない商品だった場合は、ハイブランド以外のブランド商品を販売

 

最初のODM成功商品は、イメージは湧きますね。

アンカーさんなどをイメージしてもらえればよいかと思います。

 

ですが、問題はその次のハイブランド以外のブランド商品。

これはどういうことかと言いますと、そのジャンルに詳しい人なら誰でも知っているブランドのことです。

 

例えば、椅子だったら、ハーマンミラーが有名です。

ここでお気づきの方もいるかもしれませんが、海外のブランドを強くおすすめします。

 

理由は、代理店販売と同じことができるから。

 

日本のブランドだと、法律や価格が高くなる傾向があります。

ですが、海外ブランドだと、輸入出来るところを探すことで、代理店販売と同じことが可能になるからです。

 

もし、海外ブランドの輸入はハードルが高いと感じた場合は、中国輸入のODMをしてヒット商品を生み出してください。

 

簡単には書けますが、これが難しいのでどうすればよいかは当ブログの記事などを読み漁ることをおすすめしておきます。

 

 

 

自社ネットショップの運営方法

中国輸入いい商品に見つけ方

 

これからネットショップを運営していこうとする場合、どういうことをすれば良いのでしょうか?

 

  1. 販売商品を決める(需要や知名度を考慮してください)
  2. カラーミーショップへの登録(有料プランをおすすめします)
  3. サイトに掲載するコンテンツを作成(5~10コンテンツほどがおすすめ)
  4. コンテンツに基づいた画像をプロに依頼する
  5. サイト構築を行う
  6. 集客する

 

全体の流れは上記のイメージです。

具体的な方法は別の記事で紹介予定です。

楽しみにしていてください。

 

肝になるのは、コンテンツと画像、集客方法です。(商品は当たり前なので除外)

参考なれば嬉しいです。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、今回の記事はいかがでしたか?

まとめ
  • まずはプラットフォームで中国輸入のODM商品をヒットさせる
  • その商品を軸に、自社ネットショップの構築を検討する
  • コンテンツと画像、集客方法は妥協がないぐらいまで考える
  • プラットフォームにもメリットはあるので、中国輸入初心者の方はそちらから参入する
  • ネットショップは商品と見せ方ありきなので、参入には要検討
  • ネットショップを運営し続けることができれば、長期的にビジネスを続ける事が可能

 

ネットショップは売れない!という声を聞きますが、それは単純に

商品、見せ方、集客方法のやり方が間違っているだけです。

 

中国輸入という、仕入原価を安く出来、ODMもできるので、ネットショップ参入への足がかりにするにはおすすめです。

 

それでは、また別の記事でお会いしましょう。