中国輸入

【中国輸入】リサーチ商品のアイデアを生み出すための3つのポイント

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!

 

どうも、INOUEです。

リサーチ商品がなかなか見つからないという方も、多いのではないでしょうか?

 

リサーチしているつもりで、同じようなページをぐるぐると廻っていたり、ピンときたものがないなーと思いながら、ボーとパソコンの画面を見ていたりすることは、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

この記事では売れている、需要のある商品ジャンルを選定する段階で、つまづいている方も多い思い、商品ジャンルを選定する際のアイデアについて、解説をしていきます。

 

  • 初めてのリサーチ時にどのようにしてジャンルを絞ったら良いか、迷っている方
  • 新しい商品を出品したいけど、どこから攻めていくか悩んでいる方
  • 初めての方でも、挑戦しやすい商品ジャンルについて知りたい方

 

これらに当てはまる方は、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

商品ジャンルを選定するリサーチアイデア3選

商品ジャンルを決めることは、様々な物販ビジネスの中でも基本中の基本だと考えています。

 

商品ジャンルが決まってしまえば、後はそのジャンルを深堀りしていくだけで良いからです。

そのリサーチアイデアは下記の通りです。

 

  1. 本屋へ行く
  2. 街をぶらつく
  3. あなたが興味のあるものを書き出し、一つ一つ掘り下げる

 

多くの方は、「パソコンの前」でリサーチ商品を見つけるものだと思いこんでいます。

 

実はそれだけでは、良い商品は見つからないことがあります。

 

それは、インターネット上にある商品はすでに競合店舗が出品しており、初心者の方が挑戦しても、マーケティングスキルや、資金力が負けてしまう可能性があるためです。

 

さて、一つ一つ掘り下げていきます。

 

本屋へ行く

本屋は、情報の宝庫です。

本屋へ行くことは、情報を得るために行きます。

 

  • ファッション雑誌
  • ガジェット物の雑誌
  • 趣味系の雑誌

などから情報を得ることができます。

 

あまり立ち読みするのは、よくありませんが、パラパラとめくるだけでも情報を得ることができますので、おすすめです。

 

本屋へ行く際にやっていただきたいことは、下記の通り。

  1. できる、できないは関係なしに、その商品名をスマートフォンのメモ帳などに入力する
  2. その商品名のジャンルをその横に付け足す
  3. 他にはどのような商品があるのかをさらに加える
  4. その中から、Amazonや楽天市場などで調べてみる

 

これだけでも、あなたの中になかった商品ジャンルが見つかることがあります。

 

 

街をぶらつく

散歩がてら、外に出てみましょう。

これは冗談ではなく、街を歩くだけで様々な「物」を見かけることができます。

 

この物をあなたが取り扱うとなったら、どうしたらよいか?を意識して、歩くと良いでしょう。

 

これも本屋へ行くときと同じように、メモを取りながら行うことをおすすめします。

歩きスマホはNGですので、注意しましょう。

 

これを帰宅後に、出品先で検索し調べてみることで、見つかることがあります。

 

 

あなたが興味のあるものを書き出し、一つ一つ掘り下げる

これは自宅でもできるかんたんな、プレインストーミングです。

あなたの頭の中にある商品ジャンルを、一気に書き出してしまいましょう。

 

ここでのポイントは

 書き出したジャンルから、どんな商品があるのかを掘り下げることです。

 

どんな商品ジャンルを思いついたとしても、他の誰かが先にやっていることのほうが、圧倒的に多いので、競合が少ないジャンルと言うルールを設定しておくと、後の絞り込みがやりやすくなるので、覚えておいてください。

 

 

 

 

初めての方でも挑戦しやすい商品ジャンルとは?

とは言っても、よくわからない、という方もいらっしゃると思います。

そんな方でも挑戦しやすい商品ジャンルは下記の通りです。

 

  • 革系の商品
  • 小物系の商品
  • 大型系の商品

 

実際に販売先でリサーチしてみないとわかりませんが、上記は比較的やりやすい部類です。

 

革系の商品

 

革と言っても、本革かPUレザーと分けることができます。

  • 財布
  • かばん
  • ケース類

 

が考えられますね。

このあたりは作りやすいので、競合が多くいます。

 

どちらかと言うと、小物類に分類されるのでOEM時のロットは多くなりがちなので、資金も必要になってきます。

 

また、革製品の関税は高いので利益計算も注意しておく必要があります。

 

というふうに掘り下げていくと、どこに注意して、どんな商品なら行けるかなどが分かってきます。

 

 

小物系の商品

小物と言っても、様々です。

ここからさらに掘り下げるなら、

  • ペンケース
  • ポーチ
  • フィルム

 

その商品ジャンルの中では、小さいなどでも考え方としては問題ありません。

 

自由な角度から、徐々に標準を絞っていくイメージで行うと良いでしょう。

 

 

大型系の商品

大物系の商品は、送料が高くなる傾向にあるので、手を出しにくいジャンルです。

 

大きい分、金額も高くなりがちなので、十分なリサーチと資金力が必要です。

あえて、そこを狙ってみるのも良いでしょう。

 

手を出しにくい商品だから、競合が少ないという発送です。

短絡的な考え方にも見えますが、初心者の方は、競合と同じ方法をやっていては勝ち残る事はできません。

 

十分なリサーチをした結果、あえて大型を選ぶことで、安定した売上を確保できることだってあるのです。

 

 

商品ジャンルが決まったら、どうやって絞りこんでいくのか?

上記の方法で、この商品ジャンルでリサーチをする、という状態になります。

 

ですが、ジャンルと言っても大分類なので、小分類まで絞り込んでいく必要があります。

絞り込んでいった結果、そこに需要があるのかをツールなどで検証をしていきます。

 

絞り込むための方法は、こちらになります。

  1. 販売先で、そのジャンルのキーワードを入力する
  2. 表示されたカテゴリーを書き出す
  3. さらにカテゴリーから表示される小分類のカテゴリーを書き出す
  4. そのカテゴリーにおける、代表的な商品名を書き出す
  5. 一つ一つ売れている商品を書き出して、まとめる
  6. どの商品が一番需要があるかをツールを使って検証する
  7. 需要がある商品を3~5商品ぐらいに絞り込む
  8. その中で、「作りやすさ」「平均相場」「月間売上個数」を比較し決定する

 

少し長くなりましたが、一つの大カテゴリーを決めたら、中・小と見ていき、絞り込んでいくオーソドックスな方法です。

 

絞り込んだからと言って、必ずそのジャンルで決めないといけないわけではありません。

 

大カテゴリーを2つぐらいに決めて、上記の流れをそれぞれ行い、比較すると精度が高くなるのでおすすめです。

 

 

最終的に決めるのは、その商品カテゴリーに「需要があるか」によって、次へ行けるかどうかを決めることを覚えておいてください。

 

中国輸入ビジネスでは、大きなお金が必要になります。

仕入れたのに売れないでは、意味がありません。

 

面倒に感じた方もいるでしょうが、焦らずにこのリサーチ作業を行っていただけると、失敗する確率も減ることになるのです。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしょうか?

記事のまとめ
  • 商品ジャンル(大カテゴリー)を決めるには、「本屋」「待ちへ散歩」「書き出す」事から始める
  • 革製品、大物、小物商品という「特徴」からカテゴリーを選定することもできる
  • 大カテゴリーから中・小カテゴリーへと徐々に絞り込み、それを2つほどやっておくとリサーチの精度が高くなる

 

あくまで参考程度にはなりますが、迷っている方への突破口になれば嬉しいです。

実際に「省エネ中国輸入ビジネス」で案内する方法とは異なるかもしれませんが、その点はご了承ください。

 

このようにブログやLINE@にて情報発信をしています。

ぜひLINE@でも友達登録していただけると、励みになりますのでご登録、よろしくお願いします!

 

では、また別の記事でお会いしましょう!

 

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!