中国輸入

【副業】中国輸入でネットショップを始めたほうが良い理由

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!

 

どうも、INOUEです。

副業で中国輸入?しかもネットショップ? 初心者にそんなの出来るの?

 

とタイトルを見て思われた方もいるかもしれません。

 

結論から言いますが、出来ます。

ですが、みなさんが思っているようなやり方では難しいかもしれません。

 

長期的に副業を通じて、スキルとお金を得たいという方には、向いている副業が中国輸入、そしてネットショップなのです!

 

 

それではなぜ、副業には中国輸入、そしてネットショップが良いのかについて解説していきます。

 

  • 副業には中国輸入が良い理由
  • 中国輸入とネットショップの相性
  • 仕組み化が鍵を握る物販ビジネス

 

について書いていきます。

 

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

 

なぜ副業には中国輸入がおすすめなのか?

中国輸入ビジネス

 

 

結論から言いますが、副業はお金だけ目的にしてはもったいないです。

だから、中国輸入なのです。

 

その理由は以下の通りとなります。

  • お金だけを目的にすると人間はずるをしやすくなる
  • お金だけを目的にすると、儲からない
  • 他人はアフィリエイトやブログでの広告収入などを選ぶので、レッドオーシャン化している
  • 中国輸入と聞くと偏見から避ける人もいる
  • 物の流通自体はなくなることはない
  • 仕組み化することで、シンプルで分かりやすいビジネスへと変貌を遂げる

 

副業とは、本来、本業がありきで成り立つ仕事です。

本業からいただくお給料があなたの生活費であり、副業に充てる資金にもなるのです。

 

ですが、本業で疲れているからと言って、貴重な時間を使ってまでレッドオーシャン化しているアフィリエイト、ブログをやり始めるのはもったいないとは思いませんか?

 

もちろん、商品リサーチや面倒な作業、覚えないといけないことなどたくさんあるのが中国輸入。

 

だからこそ、取り組むことで時間とお金を投資した分だけ、リターンがあるのです。

 

 

中国輸入ではやることが決まっている

中国輸入ビジネスやることリスト

 

  • 販売先の出店審査やネットショップの構築
  • 商品リサーチ(国内、中国)
  • 代行業者の選定
  • 利益計算
  • 発注
  • 商品画像やコピーの作成
  • 在庫管理
  • 検品、梱包
  • 出荷
  • お客様対応

 

ざっと思いついただけでこれぐらいしかありません。

ですが、どれも大切な作業ですが、重要度はこの2点しかありません。

  • 商品リサーチ
  • 商品画像やコピー

 

この2点は特に売上を左右します。

 

ここを抑えておくことで、中国輸入はアフィリエイト報酬や広告収入よりも

単価が高い利益を得ることができるのです。

 

 

日本ではハイリスク・ハイリターンということがあります。

お金を失うかもしれない確率が高い分、成功した分たくさんのお金が返ってくることですが、

中国輸入で例えるなら、ミドルリスク・ミドルリターン、またはハイリターンを実現できるのです。

 

 

それは、相場や交渉によって異なりますが、自身で価格設定ができますし

1件販売したら、数円から数百円といった広告収入、固定報酬のアフィリエイトとは

別次元。

 

どうせあなたの貴重なお金と時間を使うなら、社会的にも認められやすい事業を取り組むべきではないでしょうか?

 

私、INOUEはそのように考えています。

 

 

 

中国輸入でネットショップって本当に出来るの?

中国輸入いい商品に見つけ方

 

中国から輸入した商品をネットショップで販売って、本当に売れるのか?

と思う方いるでしょう。

 

ただ単純に出品しても売れないというのが回答になりますが、ODMを行うことによってその可能性も高くなります。

 

ODMについては、こちらの記事を読んでもらいたいのですが

とある商品の仕様や外観、機能面を改善し、生産販売する商品のことを指します。

 

仕入原価が日本より安い中国輸入の商品の機能面を改善し、使いやすくすることで

日本である商品と十分戦えるまで成長してくれます。

 

これをネットショップで販売するのです。

初心者の方はいきなり、ネットショップに挑戦するのは控えてほしいのですが、すでに実績のある方で、ネットショップを運営していないのはもったいないですよ!

 

 

具体的なネットショップ運営法については、こちらの記事でも書いていますので、ぜひご覧ください。

 

 

つまるところ、ネットショップは商品と画像で決まると言っても過言ではないのです。

ここだけは覚えていただけると嬉しいです。

 

 

仕組み化が鍵を握る物販ビジネス

中国輸入ビジネスは仕組み化

どんな仕事にも仕組み化は、大切な考え方です。

仕組み化とは

一連の業務の流れをマニュアル化し、誰でも出来るようにすること

 

前の章で中国輸入ビジネスでやることについて書きました。

 

  • 販売先の出店審査やネットショップの構築
  • 商品リサーチ(国内、中国)
  • 代行業者の選定
  • 利益計算
  • 発注
  • 商品画像やコピーの作成
  • 在庫管理
  • 検品、梱包
  • 出荷
  • お客様対応

 

この中で仕組み化できることは、何がありますか?

私のメルマガに登録してくれた方はご存知かと思いますが、

  • 商品リサーチ
  • 在庫管理
  • 発注

 

を仕組み化できそうですね。

詳しく知りたい方は、無料動画もプレゼントしているので、ぜひ登録してみてくださいね。

メルマガ登録はこちらから

中国輸入の業務で仕組み化出来ることリスト

仕組み化
  • 利益計算
  • 商品画像、コピーの作成
  • 検品梱包
  • 出荷

 

商品リサーチ、発注、在庫管理以外にも、仕組み化できるのは上記の4点です。

 

 

利益計算では、エクセルが非常に便利です。

商品価格や送料を入力するだけで、自動で計算してくれます。

 

あなたがやらなくても、スタッフさんにやってもらうことだって可能です。

誰でも出来る仕事なので、エクセルを活用することをおすすめします。

 

 

商品画像、コピーの作成では、専属のデザイナーさん、コピーライターで完結できます。

当然お金はかかってしまいますが、売上が左右するとなったら、ケチケチしていられません。

 

必要経費と割り切ってください。

依頼時に伝える手段を確立することで、仕組み化可能です。

例えば、パワーポイントやKeynoteだとイメージを伝えやすいですね。

 

 

 

検品梱包では、「この商品はどこを重点的に検品してください」と言った具合にルールを決めておくと仕組み化可能です。

 

  • 検品時は、この部分が問題なければA品、問題があればB品にするなどのルールを決める
  • 梱包時は、商品ごとにどう箱づめするかを図解にしておく

 

なんでもマニュアル化、ルール作りをする意識が仕組み化には大切になります。

 

 

出荷でよくあるのは、●時までのご注文は当日発送!という文言。

みなさんも見たことがあるのではないでしょうか?

あれも一種の仕組み化です。

 

その●時以降のご注文は、翌日の発送に回すということが誰にでもできますよね?

こういったルールも中国輸入ビジネスを廻していくためには、必要なのです。

 

 

仕組み化するコツ

仕組み化のコツ

 

コツは、一つの業務を最初から最後まで書き出してみることです。

例えば

 

  1. 商品が事務所に届く
  2. 開封する
  3. 商品の種類と数を確認する
  4. それぞれに分ける
  5. 検品を行う
  6. A品だけ梱包を行う
  7. いつでも出荷できる状態にしておく

 

と言った具合にやってみて見ください。

検品梱包する場所に、上記を印刷して貼り付けておくと良いでしょう。

 

アルバイトさんでも迷いにくくなります。

 

更に上級者だと、

  1. A品は●●に保管しておく
  2. B品は●●に保管する
  3. B品は▲▲の部分を修正できないか確認しておく
  4. ▲▲の修正が不可の場合はC品として、■■に保管する

 

と検品後の商品の保管場所と、B品の検品について記載されたマニュアルを作成しています。

 

はっきりいいますが、かなり面倒な作業です。

多くの方はやってもいないでしょう。

 

ですが、このマニュアルが、あなたの時間、スタッフさんの時間を削減し、

トラブルも未然に防止できるようになったらどうでしょうか?

 

あなたの時間が削減された場合、時給換算してもらえればその効果が判ります。

 

是非試してみてください。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしたか?

ここにボックスタイトルを入力
  • 副業するなら仕組み化するスキルも習得できる中国輸入がおすすめ
  • 中国輸入は、Amazonからネットショップまで幅広く商品を出品できる
  • 中国輸入の業務を仕組み化することで、副業へ費やす時間を削減できる

本業の仕事もそうですが、仕組み化は大切です。

そのスキルが身につけば、眠い目をこすることなく本業と副業の両立も十分可能になります。

 

是非参考にしてみてください。

では、また別の記事でお会いしましょう。

 

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!