副業

なぜ副業初心者には物販ビジネスがおすすめなのかまとめて紹介します

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!

 

どうも、INOUEです。

このブログでは、過去に副業には物販ビジネスがおすすめである理由について、記事をアップしてきました。

 

サラリーマンの方で、副業をしている割合は全体の4割程度という、調査結果が出ています。

 

まずは気軽に始められるところから、スタートされるのも良いですが、いつまでの体と頭を動かし続けるわけではありません。

 

そこで副業のスタートアップとして、物販ビジネスがおすすめな理由とそのやり方について、まとめてご紹介していきます。

 

  • 副業の選び方を知りたい
  • 物販ビジネスがなぜ副業におすすめなのかが知りたい
  • 物販ビジネスのやり方について、知りたい

 

という方はぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

副業の選び方

 

副業選びで必要なことは、以下の通りとなります。

 

  • 今までやってきたことと関わりが深いこと
  • あなたの興味がある副業であること
  • 初期費用、固定費がかからないもの

 

今までやってきたことの延長線上、という言葉は成長がないようにも聞こえます。

ですが、すべてのことはどこかでつながっているので、気にしなくても問題ありません。

 

できることからスタートすることが、挫折して続かないことを防いでくれるのです。

 

 

また、興味のあることは、あなたもできる可能性が高いことを表しています。

会社での仕事、副業も仕事という意識を持つことは大切かもしれませんが、副業はどこか趣味の一種のような感覚で取り組むと、長く続き、好きが乗じて上手くいくことがあります。

 

 

初期費用や固定費は、かからないことに越したことがありません。

やってみたい!と思うのであれば、挑戦されることをおすすめします。

 

これは物販ビジネスに限らず、あなたが興味の持つものについてです。

 

この3つのポイントを踏まえて選ばれることをおすすめします。

 

 

 

そもそも物販とは何か?

物販とは?

 

物販とは、そのままですが商品を販売するビジネスのことを指します。

商品を仕入れて売る、これをインターネット上で完結させるのがこの物販になります。

 

  • 実店舗で販売するのか
  • インターネット上の店舗で販売するのか

 

この違いになります。

当ブログでは、「インターネット上での物販」に限定しています。

 

ですが、需要のある商品を販売するという点については、実店舗と共通点があります。

 

もっとも、実店舗では接客というのが要になってきますが、インターネット上では直接接客をすることができません。

 

  • 会ったことのない人から商品を買うのが怖い
  • 本当に届くのか?
  • 騙されるのではないか?

と不安に思うお客様の現にいらっしゃいます。

 

インターネット上での物販では、この点をいかに解決するかも要になりますが

他の副業よりも、ご年配の方から若年層まで理解しやすいのがこの物販なのです!

 

 

物販を副業で行うメリット

物販のメリット

 

では、物販を副業で行うメリットとは、どういうものがあるのでしょうか?

それは下記の通りです。

 

  • 周りから応援されやすい
  • リサーチ次第でロングセラー商品を輩出できる
  • 融資を受けやすい
  • キャッシュフローを意識するようになるので、経営スキルが身につく
  • 流行商品に敏感になる
  • OEM,ODMを行うことで、月100万円以上の利益を見込める
  • 仕組み化がしやすいので、自由に働くことが出来る

 

何より周りに堂々と宣言出来るビジネス、という点が一番大きいポイントです。

 

こちらの記事でも書きましたが、ビジネスを続けていくためには大切な要素になります。

 

周りの協力を得やすいというのは、勇気にもなりますし、新商品を共有できたりとコミュニティを作りやすくなります。

 

他の副業を悪く言っているつもりはありませんが、ここが物販ビジネスの良いところです。

 

収入も重要ですが、それは結果としてついてくるものなので、副業は世間体が良いものを選ぶべきですね。

 

 

物販を副業で行うデメリット

物販のデメリット

それでは、物販を副業でやる際に考えられるデメリットはなんでしょうか?

 

  • リサーチが命なため、ここを失敗すると売れない
  • 在庫を抱えやすくなる(方法によっては解消可能)
  • 検品作業などに時間を取られ、本業に支障を出る可能性がある
  • 他の副業に比べて、資金が必要になる
  • 他の副業に比べて、法律や関税のことなどを勉強する必要がある
  • 確定申告書の提出内容次第では、会社に副業がバレる

 

これらが物販ビジネスのシビアな点です。

もし、1人で物販をやろうとしているのなら、おすすめはしません。

 

よほど頭の切れる、センスのある方がやるなら良いですが、あまりにも過酷です。

 

物販初心者の方は、仲間やメンターなどの指導者を見つけたほうが、後々のことを考えると、おすすめです。

 

よくこの文言をポジショントークと言って、成果を上げている人がコンサルに誘導する文句に使われているようです。

 

実際にそのとおりなのですが、全くの初心者が一人でできるビジネスなんてありません。

 

一人でやるには、多く時間とともに失敗を繰り返しながら、成長していきますが、成長する前に挫折させてどうするのでしょうか?

と私は考えています。

 

物販仲間は作りたいけど、会社の人にはバレずにやりたいという方は

確定申告書には気をつけてください。

 

 

会社にばれない確定申告のコツとは?

会社にばれない確定申告書

会社にバレる原因は、住民税の額が変わるためです。

ですが、申告方法次第では、会社にバレずに副業が可能になります。

 

  • 「住民税・事業税に関する事項」の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」欄(確定申告書第二表の右下)の「自分で納付」に○を付けること

 

ただ注意してほしいのは、自分で納付に◯をつけても住民税が合算されることになる恐れがあります。

 

事前に確認するようにしてください。

 

こちらの記事でも書いておりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

物販ビジネスに向いている人、そうでない人の違い

 

 

さてここからは、気になる点でもある物販ビジネスに「向いている人、そうではない人の違い」について、解説していきます。

 

  • 誰でも出来る!
  • PC音痴でも簡単!
  • 1日30分の作業で月収100万円

 

という謳い文句がありますが、これには注意してください。

 

誰でにも得手不得手があります。

そこをコンサルによって多少変えることは出来ますが、どうしても時間がかかってしまったり、予想できた成果を得られないこともあります。

 

やってから考える理論はたしかに正しいのですが、どうしても得手不得手によって結果が変わってくるので、考えすぎず、以下の内容を参考にしてみてください。

 

物販ビジネスに向いている人
  • コツコツやっていくのが好きな方
  • 好きなものがある、所有している方
  • エクセルなど、パソコン操作が出来る方
  • 細かい作業が好きな方
  • 好きなことにのめり込む方
  • 貯金がある方

 

 

物販ビジネスに向いていない人
  • 一攫千金が得意な方
  • パソコンが苦手な方、克服しようとも思わない方
  • ものなどに執着がなく、興味もない方
  • 中国などの海外が嫌いな方
  • 貯金をあまりされていない方

 

これらに当てはまっている方は、物販ビジネスを採用するか、除外するかに判断材料になれば嬉しいです。

 

副業や事業の目的な収益を得ることです。

その目的を成すためには、得手不得手や資金力も物販ビジネスでは関係してくると考えています。

 

 

特に物販の中で、「中国輸入ビジネス」はお金がかかります。

 

最初に自身の貯蓄からの出資が必要ですし、売上がなければ融資もできません。

 

長期的に売上を積み上げていくほうが、精神的にも良いという方は、採用を検討することをおすすめします!

 

物販ビジネスも含めて、ビジネスには得手不得手によって成果物が変わってくる。あなたの良さを活かすことができれば、その成果も予想よりも多くなる可能性が高い。

 

 

 

中国輸入ビジネスとはなにか?

 

このブログのメインテーマの中国輸入ビジネスは、物販ビジネスの中の一つです。

物販ビジネスは総称で、中国輸入ビジネスは、以下のことを指します。

 

  • 中国にある商品を仕入れて、日本や海外で販売する
  • 中国商品をOEM、ODMして日本や海外で販売する

 

どこで仕入れるか、どこで商品を作るのかという点で、中国輸入という名称が一般的となっています。

 

仕入れる、商品を作って仕入れるという点で、後は上記で挙げた物販ビジネスの流れと変わりはありません。

 

中国輸入ビジネスについては、こちらの記事で紹介しております。

 

自社ロゴのタグや、ODM(商品の仕様を変更した商品のこと)をする場合は、どうしても仕入れ代金と違って、資金が必要になってしまいます。

 

ですが、OEMやODMをしていないライバルセラーと差別化出来るので、有利にはなります。

 

オリジナル商品と既存の商品に見分けがつくお客様は多くはありませんが、アピールポイントとしては大きく、それが売上にも直結する場合があります。

 

是非参考にしてみてください。

 

中国輸入ビジネスに向いている人
  • 資金力がある方
  • 将来独立、または別事業として展開したいとお考えの方
  • 安く仕入れて、それより高く売るということを理解されている方

 

 

中国輸入ビジネスに向いていない人
  • 資金力がない方
  • 中国が嫌いな方

 

物販ビジネスの中でも、とりわけ難易度が高く見られる中国輸入ビジネス。

参入障壁も他のビジネスと比べて高いので、資金力がある方にはおすすめします。

投資した分リターンが多い可能性があるのが、中国輸入の特徴です。

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしたか?

記事のまとめ
  • 副業選びは物販ビジネスはおすすめですが、あなたのやってきたことなども大切して決める
  • 物販ビジネスは資金力が重要です。貯蓄や他の副業でお金を稼いでから挑戦するのもあり
  • メリットやデメリットを踏まえて、自分にあっているかどうかで考えてみる
  • 物販ビジネスは、投資した商品により数倍以上のリターンがある可能性があるビジネス

 

この記事では、主にそれぞれの向き不向き、メリット・デメリットについて、紹介してきました。

 

これらに基づいて、あなた自身の状況も考慮してみてください。

それでよければ物販ビジネスを選んでいただけると嬉しいです。

 

では、また別の記事でお会いしましょう!

 

 

 

INOUE公式LINE@

同じ物販、中国輸入ビジネスに取り組んでいる方へ

上のLINE@ボタンから登録してみてください!

  • 中国輸入ビジネス
  • ブログでは書くのがもったいない裏話
  • ビジネスについて
などためになる情報を配信中です!