副業

物販ビジネスとは?副業で物販がおすすめ理由とその始め方

 

どうも、INOUEです。

今や副業をはインターネット、またはパソコンで行うのが当たり前となっています。

インターネットを使ったビジネスは、「インターネットビジネス」と呼ばれ、どのような業種でも必ずと言っていいほど、インターネットでコンテンツを公開しています。

 

インターネットと物販をかけ合わせたのが、

  • 中国輸入ビジネスなどの輸入ビジネス
  • 自社で商品を作り、インターネット上で販売する物販ビジネス
  • 国内の価値ある商品を安いところから仕入れて、高いところで販売する転売ビジネス

と多岐にわたっています。

 

物販自体は変わっていませんが、販売先、手法がインターネットによって、より便利にやりやすくなっているのです。

 

では、その中で物販ビジネスに取り組むメリットはあるのでしょうか?

  • 物販がおすすめな理由
  • 物販ビジネスの始め方

について、解説をしていきます。

 

一人でも多くの方が物販ビジネスを通して、人生を謳歌するきっかけになれば嬉しいです。

 

 

物販ビジネスって何をするのか?

物販とは、商品を販売することで利益を得ることができるビジネスです。

 

  1. 商品を企画、製作、加工したり、見つけてきて仕入れる
  2. それをAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングに出品する
  3. 売れたら、販売価格-仕入原価=利益となる

かんたんに表現すると上記が「物販ビジネス」です。

 

大きく分けると、物販ビジネスで行うことは、「商品を仕入れる」「出品する」の2つになります。

 

では、どうやって、商品を仕入れたり、出品するのでしょうか?

それをこれから解説をしていきます。

 

 

物販で販売する商品をどうやって仕入れるのか?

仕入先は至るところに存在します。

  1. 海外
  2. 日本国内
  3. 自社製作

 

大きく分けるとこの3点です。

では一つずつ見ていきましょう

 

海外で仕入れる場合

 

海外で仕入れる場合は、輸入になるので、関税消費税を考慮しないといけません。

  • 中国
  • アメリカ
  • ヨーロッパ各国

がメインになりますが、当ブログでは「中国輸入ビジネス」をおすすめしています。

資金は必要になりますが、商品価格が安いものが大量にあり、輸入したとしても日本で安い価格で販売することができます。

 

商売の基本「安く仕入れて、高く売る」を実践しやすいのが、中国輸入なのです。

アメリカやヨーロッパは、ブランド商品が多いため、別の戦略で仕入れする際に利用します。

 

副業初心者の方には、ハードルが高いので、おすすめはしていません。

 

 

日本国内から仕入れる場合

 

日本国内で仕入れる場合、「転売」というビジネスになることが多いです。

それは既製品があり、昔もてはやされた「Made in Japan」のブランドが多く存在します。

 

輸入関税もかからないのですが、仕入原価が高いので、利益は得にくいのが現状です。

流行り物や価値が高いものは、売れやすい傾向があるので、そこを狙って安く仕入れることができる業者等を探す必要があります。

 

ここさえクリア出来れば、ビジネスにはなりますので、初心者の方は一度検討してみてください。

 

 

自社製作する場合

 

物販は有形の商品があるビジネスです。

もし、あなたにものを作る能力があるのでしたら、それを活かすことでビジネスになります。

 

自作のアクセサリーなどが作れるなら、minne(ミンネ)で販売すると良いでしょう。

 

 

商品をどこで販売すれば良いのか?

 

仕入れについて、触れてきましたが、次は販売先です。

幸いにも日本には、多くの販売先が存在します。

 

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • PayPayフリマ

これらの販売先で、あなたの商品を販売することができるので、困ることはないです。

 

ただ、それぞれのところでお客様の性質が、違っています。

例えばですが、Amazonは若年層、楽天市場は30代以上というようなイメージ。

 

専門用語で「ペルソナ」と言い、どのようなお客様なのかその特徴を商品と結びつけてから、どこに販売するかを決定することをおすすめします。

 

 

中国輸入ビジネスをする場合のおすすめ販売先

 

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. Yahoo!ショッピング

 

この3つをおすすめしています。

私が監修する「省エネ中国輸入ビジネス」でもこの3点で進めていくのですが、中国輸入ビジネスと相性が良いのです。

 

それぞれ様々な特徴を持つユーザーがおり、あなたの商品がどこで受けるのかは、出品してみないとわかりません。

 

OEMの場合、1商品ずつの出品をしていきますが、販売先は多いに越したことはありません。

 

なぜ物販ビジネスは副業初心者におすすめなのか?

では、なぜ物販ビジネスは、副業初心者の方におすすめできるのでしょうか?

その理由は以下の通りです。

 

  • 周りの理解を得られやすい
  • 事業として認められやすいので、銀行からの融資も可能
  • 1商品をヒットさせれば、年商数千万円、億も実現可能

 

単純なことかもしれませんが、他の副業とは異なる性質を、物販ビジネスは持っています。

 

それは、冒頭でも挙げましたが

  • 有形商品を扱う
  • 信用されやすい

という点です。

 

ブログやアフィリエイトなどは、良い副業の一つですが、インターネット上のみ存在します。

それは一つの文字、画像、情報として扱われるのですが、物販は実物の商品として見られます。

この差はかなり大きく、ただの情報だけより実物の商品があるというだけで、人は信用してくれるからです。

 

 

周りからの評価はあなたが思っている以上に重要

「俺は周りがどう言おうと、好きなことをやるんだ」

という気持ちは理解できます。

 

ですが、それは長くは続かないでしょう。

人は一人でできることはたかが知れています。大企業があれだけ大きな事業をやれているのは人がいるからです。

 

だからこそ、どんなビジネスをやるにしても、同じことをやっている人の輪に入る事を忘れないようにしましょう。

 

一人社長という言葉を本やネット上の記事で見たことがあるでしょうか?

私自身もその一人なのですが、これは孤独とは違います。

 

経営者仲間、外注さん、友人、知人、そして家族がいるのです。

ですが、変な副業をやって儲けたとしても、周りの理解がなければ、人がいなくなりお金だけが残ります。

 

これはすごく寂しいことですよね。

そういった意味でも、周りの理解があるということは、あなたの力になりますし、成果を出すための一つの要因なのです。

 

 

物販ビジネスの始め方

物販ビジネスを始めるためには、以下のことをやると良いと考えています。

 

  1. 資金を貯めるために、固定費の削減から不用品を売る
  2. その様子をブログなどにアップし続ける
  3. 資金がある程度貯まったら、開業届、代行業者の選定、リサーチと進めていく

まずは1つでも良いので「商品を売る」という経験をするのが、第一歩として大切だからです。

不用品を友人や知人から集めてきて、売っても良いでしょうし、様々な方法があります。

 

ここから、あなたの物販がスタートするのです。

 

 

もし、資金がない場合はどうしたら良い?

 

物販をやるためには、資金を貯めるのが先決です。

 

その間は、以下のことをやっておくと良いでしょう。

  • 固定費の削減
  • 不用品をヤフオク、メルカリで販売する
  • 情報収入を行う(コミュニティに入るなどもおすすめです)

 

これらを行う理由は、ビジネスを始める上で、固定費をなくすことは身軽になるのと同じだからです。

身軽になるということ、いつ売上が下がっても、会社を解雇されてしまっても、生活費や固定費の削減しておくことで、生きるためのお金は最小限で済みます。

 

 

もし、すでに資金がある方なら、3からスタートされても良いでしょう。

このあたりについては、過去の記事でも解説をしておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

最後に(まとめ)

 

さて、いかがでしたか?

記事のまとめ
  • 物販ビジネスで行うことは、「商品を仕入れる」「出品する」の2つ
  • 仕入先は、海外・日本・自社製作の中で検討する
  • 販売先は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、メルカリ、ヤフオクなどがある
  • 有形商品があるのは、周りからの信用、理解が得られやすい
  • 物販を始めるためには、あなたが商品を販売することから始まる

 

いきなり、大きなことは出来ません。

1商品でも、中古品でも販売するということが、小さな一歩です。

それが自信となり、やがて大きなこともできるようになっていくのです。

 

是非参考してみてください。

では、また別の記事でお会いしましょう!